保育士の資格を取るまでの道のり

保育士になるためには?

小さい子どもたちを保護者の代わりとなって保育する仕事、保育士の仕事は、昔から人気のある職業で、最近は男性の保育士さんも多くなり、ダイナミックな遊びが出来たり、保育園で力仕事が必要な時にも活躍されています。

保育園の問題は今、社会問題となっており待機児童問題、また近隣との騒音問題など、本当に難しい問題が各地域に出てきています。特に待機児童問題は都市部に集中している問題で、地方、特に田舎の方に行くと人材が余っている状態、でも都市部に行くと人材が足りていない状態、しかも保育施設が足りていない状態で、建設には騒音問題などをクリアすることが必要となるのでなかなか施設を建設することが出来ないという八方ふさがりです。

でも都市部ではこの先、さらに保育士の資格者が欲しくなります。資格取得のためにはいくつかの方法がありますが、保育の仕事をしっかり学べる専門教育機関での学習を受けることが最もいい道となるのではないかといわれています。

保育士になるためには国家資格を取得する必要があります。ただ、指定保育士養成施設によって定められている専門学校や短大、大学等で学ぶことで卒業と同時に資格を取得することができます。そのため、この専門教育機関で学習し資格を取得される方が多くなっています。

養成学校で学ぶ場合、その中で保育実習を行うので、学校にいる間に仕事の仕方などを覚えることもでき、できれば学校で専門教育を受ける方がいいといわれています。


== 保育士になるための役立つサイト ==
専門教育で学ぶだけでなく、保育業界に特化した就職情報サイトも役立つでしょう。こちらのサイトでは、就職情報の掲載のほか、保育士として働いている人の体験レポートなども読むことができます > 保育士 就職