保育士の資格を取るまでの道のり

保育士の試験・学校

保育士になるためには大学や短大、専門学校などの保育士養成施設で所定の課程を修了する、また保育士の国家試験に合格するという方法があります。保育士養成課程では、保育の専門知識、また実習等で実技なども学びます。2年、4年の学校がありますが、いずれも資格を取得できます。ここで専門教育を受けることで国家試験を受けることなく保育士になれるということです。

資格試験はとても難易度が高く、試験を受けることなく保育士の国家資格を得ることができるならその方がずっと楽です。

短大の場合は2年という短い期間で実習を行いつつ、様々な事を学んでいくことが必要となるので、4年と比較してかなり余裕のない生活となっています。一生懸命に勉強しないと保育の仕事をしっかりこなすことが出来なくなるので、しっかり学びましょう。

保育士の試験については保育士養成所を卒業していない方でも受験できるので、社会人となってから受験をすることもできます。保育士試験は難易度が高く、しっかりと学ばないと合格できないといわれています。合格率に関しては10%前後という難易度です。そのため、試験を受ける方の多くは通信講座を利用したり、講座に通ったりする等して学習し、国家試験にチャレンジしています。